こんばんは。ららです。


今日も読んでくださりありがとうございます。




先日ご紹介した
キーワードの基礎が学べる教材なんですが、


「アドセンスをやっている者にも役立ちますか?」
というご質問をいただきました。


ありがとうございます。




この教材は、
物販アフィリエイトの塾(AMC)の
塾長さんのセミナーですので、
対象は物販のアフィリエイターになっています。


キーワード選定の仕方も、
「誰にどんな商品を紹介するか?」という視点で
解説されています。


確かにそうなんですが、


じゃあ、アドセンスをやっている人には
役に立たないのか?というとそうではありません。


ららが、アドセンスをやっている人にも
おすすめしたい理由が3つありますので
順番にご紹介しますね。



あ、その前に、
さっさとこの教材の詳細を知りたい場合は
こちらをご覧ください。
http://info.motomi3939.com/c/661/
販売は終了しました



で。本題に入ります。


キーワード選定というのは、
アドセンスでも非常に重要なことですよね。


ここを間違えちゃうと、
アクセスの全く来ないブログになってしまいます。


物販もアドセンスも、結局のところ、
パソコンの向こうのユーザーが、
どんな人で、何を考えて検索してくるのか?


そこを見抜けなければ
報酬の上がる記事は書けないですよね。


・どんなキーワードを選んで

・そのキーワードから何を読み取るのか?


そこは、物販もアドセンスも同じです。


そして、このセミナーでは
そこのところを非常に重要なこととして、
何度も繰り返して解説されています。


「キーワードは○○です」
というセリフが、途中何度も出てきます。


「確かにそうだよな」と何度も思わされているうちに
骨の髄にしみてきます(笑)


そういう意味で、
アドセンスをやっている人も
知らなければいけない内容になっています。




それからもう1点、
今度は物販とアドセンスでは
正反対の考え方をする部分があります。


それは、
「購買意欲のあるキーワードなのかどうか?」
と言う点です。


物販では
検索回数は少なくても、購買意欲のあるキーワードで攻めた方が
成約率が高くなるので初心者さん向きになります。


一方で、アドセンスでは購買意欲は関係ありません。


そんなものはなくてもいいから
検索回数の多いキーワードを攻めるのがセオリーです。


このように、
狙うべきキーワードの種類が正反対なんですが、
これについても詳しく解説されています。


つまり、
アドセンスをやっている人が、
どんな種類のキーワードを攻めた方がいいのか?


それが理屈でわかるってことなんです。



アドセンスでは、
「物販向けのキーワードは避けた方がいい」
と言われていますよね。


なぜなら、
キーワードの上位表示を
物販の人たちとも戦わないといけないからです。


アドセンスをやる人が
避けなければいけないキーワードがどんなものなのか?
それが理屈でわかります。




そして最後の1点。


それは、価格が非常に安いことです。


上であげた2点は、
確かにその通りなんですが、


それでもやっぱり、
物販向けの教材であることには変わりありません。


なので、
もしも価格が高かったら
正直おすすめはしないんです。


でもこの教材は、
4980円で売られている
キーワード発掘ツールが特典でついていて


この教材自体も4980円なので、
講義自体は実質ゼロ円じゃないですか(笑)


だったら
物販向けだろうがなんだろうが、
キーワードの基礎を勉強した方がお得なわけです。




以上3点が、
私がアドセンスをやる人にも
この教材をおすすめする理由です。


キーワード選定の基礎って、
意外と知らなかったりしますよね。


いい機会だと思いますよ。


23日までの期間限定ですので、
ピンときたらぜひ手に取ってみてくださいね。


詳細とららからの特典はこちらです。
http://info.motomi3939.com/c/661/
販売は終了しました



今日は以上です。
ではではまたメールしますね。