キーワード選定の落とし穴。選んだだけで満足してない?

こんばんは。ららです。

今日も読んでくださりありがとうございます。

ここのところご紹介している「キーワード革命」ですが、
予想以上に反響が大きいので、もう少しご紹介しようと思います。

もう、明日いっぱいで販売終了なので
間に合うかわからないんですがね。

でも、必要な人には確実に手に入れていただきたいので
自分のキーワード選定に不安がある場合は
ぜひ読んでみてくださいね。

やっぱり「キーワード」というのは
みなさん重大な関心事なんですね。

キーワード選定の良し悪しが
そのまま報酬につながりますもんね。

でもね、

おそらくここ、
あなたも勘違いされているかもしれないんですが、

キーワード選定と言うと、
キーワードを選ぶ方法だと思っちゃっていませんか?

どんなキーワードを選ぶか?
ですべてが決まると思っていませんか?

・需要のあるキーワード
・検索回数の多いキーワード
・ライバルが弱いキーワード

いろんな視点があるんですが、
キーワードって、選ぶだけじゃ終わらなくって、
まだその先があるんですよ。

むしろそっちの方が大事かもしれないです。

検索回数が多いとか旬のキーワードとかっていうのは、
ツールが調査してくれますので、
ある意味だれでも調べられるんですよね。

100万プレイヤーのあの人もあなたも、
手に入る情報は同じです。

でもその先の、キーワードをどう扱っていくかの部分は、
知らなければ大きな差がついてしまう部分で、
まさにここに、彼とあなたの差があるわけです。

キーワード革命では、
そこをクローズアップして講義しています。

講師の石川さんいわく、
キーワードと言うのは、単なる文字の並びではなく、
検索している人の「○○」なんだそうですよ。

「なるほど」と私も腑に落ちましたよ。

そう考えると、
自分がどんなサイトを作ったらいいかが見えてきます。

そしてこの「○○」という言葉が
今回の教材のキモになっています。

まぁ、半分答えを言ってしまえば、
検索してくれた人が何を求めているか?
ということですよね。

アフィリエイトの作業をしていると、
どうしてもPCやデータしか目に入らなくて

その向こうにいる、訪問者のことって
ついつい置き去りになってしまうじゃないですか。

その訪問者さんとあなたをつなぐものが
「キーワード」なんです。

そのキーワードを通して、
あなたがどのくらい訪問者さんの気持ちを理解できるか?

いかに気持ちにマッチしたサイトが作れるか?

それによって、相当成約率が変わります。

ちょっと考えれば
誰でも思いつくことではあるんですが、
じゃあ具体的にどうしたらいいかと考えると、
意外とわからない…。

ね。あなたもそうじゃないですか?

そこのところをしっかり勉強できるのが、
この「キーワード革命」なんです。

あともう1つ、

ほら、よく言われるのが、
「キーワードをずらす」ってやつですよね。

そのものズバリだと競合が激しいから、
ちょっとずらしてブルーオーシャン♪みたいな。

┐(´д`)┌ そんなこと言われてもね~

と思っていましたが、
そこも「なるほどね」と思うことができましたよ。

「じゃあ、あの商品はこのキーワードでやってみよう」
とひらめくことができましたもん。

大きな収穫です。

これで1件余計に成約すれば、
教材代金なんてすぐに元が取れちゃいます。

おそらくね、
すでに稼いでいる人にとっては
全部「当たり前」のことなんだと思います。

だから
そういう人にはおすすめしません。

でも、

もしもあなたが、
まだ十分な成果が出ていないのであれば、

稼いでる人との思考の違いを
しっかりインストールするべきですよね。

きっと、ちょっとした違いなんです。

これを知れば、
案外、ぱ~っと霧が晴れて
自分の足りなかった部分がよく見えるかもしれませんよ。

私は全部、一気に視聴しましたが、
さすが教えるプロだけあって、
初心者でも非常にわかりやすいです。

稼いでる人しかわからないような
内輪ウケみたいな専門用語は1つも出てきませんし、

話すスピードもちょうどよくって
メモを取りながら聞けるくらいの速さです。

明日(23日)の23:59で販売終了だそうです。

必要かも?と思ったら、
このチャンスを逃さないでくださいね。

「キーワード革命」の詳細とららからの特典はこちらです。
http://info.motomi3939.com/c/661/
(販売は終了しました)

「キーワードの調査なんかしたことない」という場合には
必要のない教材ですので、間違って買わないように(笑)

ご質問などはいつでもどうぞ。
http://affili.motominet.com/cs2rara/485/

今日は以上です。
ではではまたメールしますね。